いいずみファミリークリニック

子宮頸がんワクチンを10代の女子に

プライス(料金につきまして)
 

子宮頸がんワクチンを10代の女子に

女性のガンは乳がん、子宮体がん、子宮頚がんの3つが主なものといわれています。 私はまだ、「がん」の年齢じゃないと思うかもしれませんが、女性のガンのなかでも、子宮頚がんは20~30代の女性に多いガンとして知られています。日本ではこの子宮頚がんで1日約10人が亡くなっており、決して少ない病気ではありません。今回はこの子宮頚がんについて、ワクチンと検診の2点が重要である観点から説明したいと思います。

子宮頚がんとは・・・?

 

子宮頚部(子宮の入り口付近)にできるガンです。

子宮頚がんの原因は?

 

ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルス感染が原因であることが知られています。このウイルスはどこにでもいるありふれたウイルスです。子宮頚部への感染は性交渉によって感染します。感染しても特に自覚症状はありません。多くの女性(80%)がこのHPVに感染しますが、そのなかのごく一部がガン化します。

子宮頚がんの症状は?

 

前がん病変やガンの初期はほとんど無症状です。この段階で検診で発見してもらうことが、予後や治療の観点からも非常に重要です。ガンが進行すると出血や「おりもの」の異常などがでてきます。進行したガンの場合、子宮摘出や化学療法など、妊娠や出産にも影響を及ぼします。

子宮頚がんを予防できるワクチンがあります。

 

原因がウイルス感染であることから、このワクチンでHPV感染を防ぐことで、子宮頚がんを予防できるようになりました。海外の多くの国でこのワクチンは接種されていてガン予防の実績をあげています。

ワクチンの接種時期はいつがいいのでしょう?

 

HPV感染は性交渉によって感染します。「性」が始まる前にワクチン接種することをすすめています。具体的には10歳以上の女性になるべく早く接種するのがよいでしょう。ワクチンによって20年~30年の免疫が維持されることが知られています。個人的には、10代の女性に強く推奨したいワクチンと考えています。

既婚者である主婦は接種しなくてもよいですか?

 

ワクチンによって、今後の感染を防ぐことはできます。接種しなくてよいとは断言できませんが、ワクチン接種よりも、検診のほうが重要度は高いと考えます。

ワクチンの接種方法は?

 

ワクチンは3回接種する必要があります。予約はいりません。初回接種後1カ月たって2回目の接種、その6ヶ月後3回目を接種します。料金は当院では一回16000円となります。値段が高いからこそ、その目的、効果を理解して、ベストなタイミングで接種してほしいと思います。

ワクチンの接種後の症状はありますか?

 

免疫をつくる過程で、注射した部位が腫れたり、痛むことがあります。他のワクチンにくらべ特に目立つ症状はありません。

ワクチンをすれば検診はしなくても大丈夫ですか?

 

子宮頚がんの早期発見のためには、症状がないときに受ける検診が最も重要となります。ワクチンを接種することと検診の二本柱で子宮頸がんの患者さんが減少するといわれています。

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.