いいずみファミリークリニック

ヒブワクチンについて

乳幼児の子にヒブワクチンをおすすめします
 

乳幼児の子にヒブワクチンをおすすめします

ヒブワクチンとはHib(ヒブ)菌(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型)ワクチンの略です。このワクチンに対する期待は大きく、新聞、TVなどですでに数多くとりあげられているのでご存じの方も多いと思います。

日本では毎年約600人の子どもがヒブ菌による細菌性髄膜炎になり、30名前後が死亡して、治っても後遺症を数多くのこす重大な病気です。

後遺症を残さず治癒するためには早期診断、早期治療が唯一の方法です。小児科医は「細菌性髄膜炎を絶対みのがさない」という姿勢でつねに診療しています。

このワクチンはヒブ菌によっておこる喉頭炎など他の疾患予防も可能にすることが知られています。ヒブ菌の免疫は年齢とともに強くなるため、通常5歳以上の子はこの菌による病気にはかかりません。

ヒブワクチンは先進国では以前より導入されていました。日本でもようやく接種ができるようになりました。接種は希望者に行う任意接種となりますので、当院での接種方法について説明させていただきます。


当院(私)の方針

 

子どもは必ず、病気で熱をだします。我が子が熱をだすといろんな心配や不安がでてくるかと思います。

そのときに、「この子は髄膜炎ワクチン(ヒブと肺炎球菌ワクチン)をやっているから大丈夫」という気持ちはご両親にとって、なによりの安心感につながるかと思います。

私はこれまでにヒブ菌に感染した子ども達と家族を何度もみてきて、その悲惨さを知っています。多くのお子さんがこのワクチンによってヒブ菌の髄膜炎から回避されることはとっても喜ばしいことだと思っています。

ヒブワクチンは接種時期により接種回数が異なります。

 

お子さんが生まれて間もない場合:標準的接種方法;合計4回

ヒブ菌は1歳未満の子に特に感染しやすい菌です。生後2ヶ月を過ぎたら接種が可能です。

なるべく早く肺炎球菌ワクチンと同時接種することをお勧めします。

3ヶ月を過ぎると三種混合ワクチンも接種することもできますので、ヒブ・肺炎球菌と同時接種する方法もあります。

初回免疫として3回接種後、1年後に追加免疫としてもう一回接種します。

お子さんが7ヶ月~1歳未満の場合;合計3回

・初回免疫として2回接種後、1年後に追加免疫としてもう一回接種します。

お子さん1歳以上5歳未満の場合;合計1回

・一回の接種で十分です。なお、5歳以上の子、成人の方は接種しなくても大丈夫です。

一回の接種料金は7500円となります。予約はいりません。いつでも接種できます。

 

任意接種のため、ワクチン接種は有料となります。当院では7500円(税込み)です。

富士市では公費補助の3000円があるため、富士市在住の子の窓口料金は4500円となります。

良くある質問
 
ヒブワクチンは接種したほうがいいでしょうか?
小児科医として髄膜炎という病気の恐さを強く感じています。その髄膜炎からわが子を守ってくれるこのワクチンは是非接種をしてほしいワクチンの一つです。同じく乳幼児髄膜炎の予防としての小児肺炎球菌ワクチンも大切なワクチンの一つです。
ヒブワクチンの副作用はありますか?
深刻な副作用は報告されていません。他のワクチン同様、局所が熱を持ったり赤くなったりすることがあります。また免疫の反応で熱がでたり、まれにワクチンに対するアレルギー反応を示すこともあります。
 
予防接種いろいろあってわかりません。どれから受けたらいいのでしょうか?
年齢、ワクチン接種歴などの個人差があるため、具体的には院長に直接ご相談ください。ただし、これからワクチンを開始する方の場合、まずはヒブワクチンと小児肺炎球菌ワクチン、三種混合ワクチンの同時接種をすることをお勧めします。
ワクチンを同時接種しても大丈夫ですか?
医学的に問題ありません。免疫を乳児期早期に獲得するために必要であると考えています。二回病院にこなくてよいというメリットもあります。
 
今後、無料(定期予防接種)になることはありますか?
厚生労働省は今後、ヒブワクチンを定期予防接種(無料)にして、より多くの子どもたちにこのワクチンを接種が可能になるように検討していく方針です。しかし、具体的な予定ではなく、乳幼児期にかかる病気であることを考えると、現段階で接種希望の場合には任意接種(有料)となります。2010年4月から、富士市ではヒブワクチンの接種に一回3000円の公費補助が行われることが決定しました。
うちの子はこのワクチンをしていないけど大丈夫ですか?
5歳以下、特に1歳未満の乳児期に感染しやすい病気を予防するワクチンです。5歳以上のお子さんは接種しなくてもよいかと思います。日本では新しいワクチンであるため、受けれる子、受けれなかった子が残念ながら出てきてしまいます。これまでにヒブ菌の重大な感染症なく成長しているわけですからご安心してもらってかまわないかと思います。
医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら