いいずみファミリークリニック

あなどるな!水ぼうそう

あなどるな!水ぼうそう
 

死亡率高い成人の感染、年とって帯状疱疹になることも

これから7月頃までは、水ぼうそう(水痘)の感染に注意しましょう。国立感染症情報センターの報告では、患者数は過去5年間に比べて多い傾向が続いています。

水ぼうそうは水痘ウイルスによって飛沫感染(せきやくしゃみなどからの感染)し、2週間前後の潜伏期間を経て発病、発疹、倦怠感、発熱などの症状が現れます。

10歳ぐらいまでの子どもによく見られる病気で、比較的順調に治りますが、大人がかかると、重症化しやすく、30~49歳では1~14歳に比べて、10万人当たりの死亡率は20倍以上になります。妊婦がかかると先天異常など胎児に影響することがあります。

さらにやっかいなのは、治ったあともウイルスそのものは体内に居座り続け、体が弱ったときや年をとると、再び暴れ出し、帯状疱疹(たいじょうほうしん)という、大変つらい病気を発症させることもあるのです。

現在は、体内でウイルスの増殖を抑えるよい薬がありますし、予防のためのワクチンもありますので、早めにお医者さんに相談しましょう。

(上記は2006/05/23に日経新聞から引用しました。)

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.