いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

安心できる育児ガイド  3~4ヶ月健診が終わったら

 

まさかの事故を防ごう
ちょっと目を離したすきに赤ちゃんがベッドやテーブルから転落することの多い時期です。寝返りしないから大丈夫と油断すると、不思議にもずり動いて転落するものです。絶対に目を離さないようにしましょう。
熱い湯の入ったコップや魔法びんを赤ちゃんの手の届くところに置かないようにしましょう。やけどさせて悲しむ例の多いこと。パウダー類も赤ちゃんの近くに置かないこと。ひっくり返してパウダーを吸い込むと肺炎を起こします。

生活のリズムを規則正しく
昼間は起きていることが多くなり、夜つづけて寝る時間がふえてきます。睡眠時間もだんだん規則正しくしていくと、離乳開始がスムーズにできやすいものです。哺乳の間隔は4時間が目安です。

予防接種を忘れないで
ポリオは満3ヶ月をすぎたら受けられます。しかし集団接種なので、地域の広報紙をよく見て、接種日を忘れないようにしましょう。この他、BCG、三種混合ワクチン(百日咳、ジフテリア、破傷風)も自治体によっては満3ヶ月以後にできるところもあります。
また神経芽細胞腫を調べる尿検査も、生後6ヶ月頃に行われます。自治体の広報紙で確かめておきましょう。

気になるが、さほど心配しなくてよいこと
指しゃぶり、髪や耳たぶをいじる、頭をぐるぐる回す、…これらは病気ではなく、ただの「くせ」です。様子をみるだけでいいのですよ。
お乳をよく飲み、体重が標準曲線より急速に増えている赤ちゃんが、4ヶ月をすぎて急に飲まなくなることがしばしばあります。太りすぎないための生物の摂理のようです。しばらく待てばまた飲むようになります
蛇足ひとこと
どんなお母さんも、赤ちゃんをあやす、話しかける、声を出したら答えてあげる、兄弟がいれば遊ばせる、月齢に応じた安全なおもちゃを与える、などを自然にしていると思います。しかし抱きぐせが異常に強い、親に興味も示さない、夜通し眠らないというようなことがあれば小児科医にご相談下さい。
職場復帰で乳児保育を依頼されるときの不安や、親がアレルギー体質で、離乳食でアレルギーにならないかという心配がありましたらご相談下さい。

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.