いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

安心できる育児ガイド  赤ちゃんの夜泣き

 

日中は機嫌よく、お乳もたっぷり飲んでいる赤ちゃんが、とくに原因も見あたらないのに、毎晩きまって泣き出すことはけっこう多いものです。

いつ頃からはじまるの?
生後3~4ヶ月頃からみられます。1歳6ヶ月をすぎるころになると、お父さんやお母さんを悩ますほどの夜泣きはほとんどなくなります。

原因はわからない!
原因として、のどが渇いた、おなかがすいた、暑いあるいは寒い、おむつが汚れた、不安や興奮など、が考えられますが、実際には、これだ!という原因がつかめないのが大部分です。

どうしたらよいでしょう?
夜ねるときに、かるく背中をさすったり、子守歌をきかせるなど安心感をもたせ、それでもねつかないときは抱っこしてあげましょう。お誕生日近くの赤ちゃんでは、昼間に十分運動しないと夜も目が覚めてしまいます。日中にもっと活動的な遊びをさせましょう。

思い当たる原因を取り除いても続くようなら、あきらめて赤ちゃんにつきあう、あるいは居直って無視するのもひとつの方法です。

 

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.