いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

安心できる育児ガイド  赤ちゃんの便秘

 

うんちは毎日出なくてもいい
生後1ヶ月を過ぎると便の回数が減ってきます。便が2~3日出ないと便秘かしらと心配になりますが、まとめてたくさんやわかい便が出て、体重も順調にふえているなら、便秘とは考えなくていいのです。

便がコロコロしていて、便をするときいきんで苦しそうにするとか、肛門がきれたりするのを便秘といいます。

便秘のときの工夫
1 お腹をやさしくする。
2 マルツエキス、砂糖水、果汁などえを与えてみましょう。ただし果汁は効く子と効かない子がいますから、いろんな種類の果汁をためしてみましょう。
3離乳食が進んでいれば、果汁や野菜を加えることが大切です。

綿棒浣腸
綿棒にオリーブ油などをつけて、お尻の穴をくすぐってみましょう。たいがいはこの方法で便が出ます。

イチジク浣腸
どうしても便がでないときは浣腸をします。浣腸が習慣になるということはありません。

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.