いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

安心できる育児ガイド  赤ちゃんの鼻づまり

 

生後1~2ヶ月ごろ、熱も咳もないのに鼻をつまらせたり、寝苦しそうにすることがあります。赤ちゃんの鼻の穴は小さく、鼻の粘膜が敏感なので、ちょっとした気温の変化などの刺激で鼻水が出ます。また暖房で部屋が乾燥すると鼻水がねばっこくなったり、鼻クソになって鼻をつまらせてしまいます。赤ちゃんは口で呼吸することが下手なので、鼻がつまるとお乳が飲みにくくなり、機嫌がわるくなります。

鼻づまりを治すためのヒント

1暖房で部屋が乾燥しないように、加湿器などを使う。
2鼻水をスポイトですいとったり、綿棒で鼻をそうじする。ただし、鼻水をすいとるだけで鼻づまりが治るとは限らないので、鼻の中を傷つけないよう、ほどほどに。
3お風呂の湯気は鼻の粘膜を湿らせてくれるでしょうし、お風呂であたたまると鼻の粘膜のはれもひくでしょう。

こんなときはもう一度診察を

水ばながいっぱい出るようになった、お乳の量がふだんの半分くらいに減った、咳が出てきた、ゼイゼイしている、などのときは本格的なかぜかもしれません。もう一度診察を受けてください。


出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.