いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

PART2 外来でみる感染症 気管支喘息 喘息児のお母さんへ

 

発作を早く見つける
 喘息発作が軽いうちに気づいて、早めに治療をはじめれば早く楽になります。なれないうちは、どんな状態が喘息なのかよくわからないでしょうが、病院に行くたびに先生に教えてもらって、発作を早く見つけられるようになってください。

忍耐強く
喘息とは長いおつきあいです。発作が続いてもがっかりせず、発作がしばらくなくても油断せずに、根気よく治療していきましょう。

喘息をおこさない体をつくる
喘息の発作を止める治療はもちろん大切ですが、発作がないときに発作の予防をしたり体をきたえることはもっと大切です。指示されたとおりに定期的に受診して先生の指導をうけましょう。

喘息は治りますか?
先生のもとで適切な治療を根気よく続ければ、小児の喘息の大半は、おそくとも中学生に入るころまでに治ります。しかし、その場限りの治療ですませていると、いつまでも治りません。また、おかあさんが自分だけの判断でくすりをやめたり、いろんなくすりをやたらに飲ませていては、治らないどころか、副作用が出ることもあります。何でも先生に相談しながら、希望をもって根気よくがんばりましょう。

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.