いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

PART2 外来でみる感染症 偏桃肥大・アデノイド肥大

 

偏桃は大きいだけでは心配ない
のどの奥、左右両側にある偏桃が大きい場合を偏桃肥大といいます。いびきの原因になったり、睡眠中に息が苦しくなることもありますが、ほとんどは症状がありません、肥大しているだけでは手術する必要はありません。中学生ぐらいになると小さくなります。

手術が必要な場合は
1 くり返し扁桃炎の熱を出すとき。
2 扁桃に菌が住みついて他の臓器にわるい影響をおよぼしているとき。
3 扁桃肥大のため息苦しいとき。

アデノイドの肥大
アデノイドが肥大すると、鼻の奥がつまった状態になるので、口で呼吸したり、いびきが強くなって眠りが浅くなります。また耳の奥への空気の出入りもわるくなって難聴になることがあります。注意力も散漫になってきます。
このような症状がみられるときは、手術する場合があります。耳鼻科で相談してみましょう。

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.