いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

PART2 外来でみる感染症 ヘルパンギーナ

 

ヘルパンギーナとは
乳幼児のあいだで流行する夏かぜの一種で、38~40℃の高熱が2~3日続きます。のどの奥に小さな水ぶくれができて痛いので、食べられなくなります。ひどいときは水分も飲めなくなり、脱水症になることがあります。

治療
熱やのどの痛みをおさえるくすりを処方します。

家庭で気をつけること
1 食べ物
口の中が痛いときは、かまずに飲み込めるものを与えます。プリン、ゼリーアイスクリーム、さましたおじや、とうふ、グラタンなどがよういでしょう。
2水分
十分に水分をとるようにしましょう。オレンジジュースなどすっぱいものはしみます。牛乳や麦茶、みそ汁、ポタージュスープなどがよいでしょう。
3入浴
高い熱があるときや元気がないとき以外は、がまんする必要はありません。

こんなときはもう一度診察を
1 口の痛みが強くて水分をあまり飲まないとき。
2高い熱が3日以上続くとき。
3元気がなくてぐったりしているとき。

保育所、学校
熱が下がって口の痛みがなくなるまで、4~5日は休ませましょう。

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.