いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

PART2 外来でみる感染症 はしか(麻疹)

 

はしかは大病です
予防接種を受けていない1歳前後の赤ちゃんが多くかかります。うつる力が強く、とても重い病気です。

1はじめの2~3日は、熱、咳、鼻みず、眼やになど、かぜと同じ症状で、この時期に"はしか"と診断するのはむずかしいものです。
2いったん熱が下がり、再び高熱が出ると同時に、全身に発疹が現れます。
3発疹が現れてからも、さらに4~5日高熱が続きます。

家庭で気をつけること
1高い熱 :熱が続くときは熱さましや氷枕を使って快適にすごせるようにしてください。「はしかは冷やすな」というのは迷信です。
2強い咳 :咳止めを処方しますが、それでも強い咳が続きます。
3食べ物 :食欲がなくなるので水分を十分に補い、消化のよい、口当たりのよいものを与えるようにしましょう。
4入浴  :発疹がうすくなり、咳も少なくなって熱がなければ、入浴してもよいでしょう。

次の診察は
はしかは肺炎や脳炎を合併することがあるので、治るまでは目が離せません。先生に指示された日時に受診してください。

他の子にうつしたかも知れない
予防接種を受けていない子がはしかの子と接触したときは4~5日以内にガンマグロブリンの注射をうければ発病を防ぐ(または軽症化する)ことができます。早めに知らせてあげましょう。

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.