いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

PART2 外来でみる感染症 下痢のときの食べ物(幼児)

 

水分を十分おぎなう
1水分補給が一番大切です。水分を多く飲むから水っぽい便になるのではありません。下痢で水分が失われるので水分を飲ませる必要があるのです。
2栄養のことはあまり気にしないで、食欲がないときに無理に食べさせる必要はありません。食欲があっても、むしろひかえめにして、腸を休ませてあげましょう。

何を食べるか、便と相談
  便が水のようなときは水分を中心に。
  便がドロドロならドロドロの食べ物を。
  便がやわらかい程度ならやわらかい食べ物を。

水のような便のとき
アクアライト、アクアサーナ、番茶、野菜スープ、みそ汁、おもゆ、リンゴのすりおろし

ドロドロの便のとき
とうふ、パンがゆ、ベビーせんべい、ウエハース、バナナの裏ごし、にんじんかぼちゃの煮つぶし

やわらかい便のとき
おかゆ、うどん、白身魚の煮付け、卵、とりささ身、野菜の煮付け

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.