いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

PART2 外来でみる感染症 下痢のときの食べ物(乳児)

 

母乳の場合
1下痢のひどいとき
  母乳はそのまま続けてかまいません。授乳を短時間で切りあげて、回数を多く。
2下痢がよくなってきたら
 いつものとおり、ほしがるだけ飲ませてください。

ミルクの場合
1下痢のひどいとき
 ミルクを半分にうすめ、少量ずつ、回数を多く。または乳糖を含まないラクトレス、ソーヤミール、ボンラクトなどの下痢治療乳が指示されます。
2下痢がよくなってきたら
 ミルクの濃さを1/2→2/3→ふつう、と濃くしていく。

離乳食を食べていた子の場合
1下痢のひどいとき
 母乳、うすめたミルク、下痢治療乳、アクアライト、アクアサーナ、番茶、野菜スープやみそ汁のうわずみ、リンゴのすりおろし汁。
2下痢がよくなってきたら
 とうふ、パンがゆ、おかゆ、ベビーせんべい、ウエハース、にんじんやかぼちゃの煮つぶし、煮こみうどん、白身魚の煮付け、など。(ただし便の様子を見ながら慎重に)

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.