いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

PART1 基本的な家庭でのケア 熱さましの使いかた

 

熱が出た!
熱が高いと脳がやられる、なんてことをいいますが、40℃ぐらいの熱があったって脳はやられませんから安心してください。

熱さましは一時しのぎ
熱さましは、熱によるつらさを軽くするためのくすりで、病気を治すくすりではありません。熱を下げることばかりに気をとられないようにしましょう。

熱さましの使い方  (熱を下げるくすりは38℃以下では使わない。 6時間以上、あいだをあける) 
 38℃以上、つらそうにしていたら使う。
 高熱でも元気に見えるなら使わなくてもいいのです。
 6時間以上たったらまた使ってもいいですが、1日3回ぐらいまでにしておきましょう。

坐薬か飲み薬か
効き目はおなじです。吐く子には坐薬を、げりのときや坐薬がきらいな子には飲みぐすりを、坐薬と飲みぐすりを同時に使ってはいけません。

副作用のない熱さまし
冷えたタオルで頭を冷やす、そんな母の姿が子どもの心をなごませます。
頭だけでなく、両わきや股の付け根を冷やすのも効果的です。
でも子どもが嫌がるときは無理に冷やさなくてもいいんです。

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.