いいずみファミリークリニック

こどもの病気 ホームケアガイド

プライス(料金につきまして)
 

PART1 基本的な家庭でのケア 風邪をひいた

 

子どもは風邪をひくものだ
かぜをひくたびに抵抗力を身につけて、だんだん上部な体になっていくのです。風邪をひいたと、がっかりしないで、風邪をうまくやりすごす努力をしてみましょう。

風邪のくすり
先生がお子さんの状態にあわせて処方します。指示されたとおりにきちんと飲ませましょう。市販の総合感冒薬を飲ませるのは感心しません。

家庭で気をつけること
1休む:無理に寝ろとはいいませんが、家でのんびり、ごろりとしているのが一番のクスリです。
2保温:厚着をさせたり、こたつににもぐり込ませたりする必要はありませんが、寒くない程度の暖房、暑すぎない程度の冷房、をしましょう。
3食事:食欲はなくてあたりまえ、ぐらいに考えて無理じいせず、子どもの好きなもので消化のよいものを与えます。水分を十分にとるように気をつけてください。
4入浴:風邪におふろは禁物、という考えは頑固すぎます。疲れさせないように、気をつけて、お風呂でさっぱりさせるのはかまいません。

次の診察
先生が指示した日、くすりのなくなる日、などに(だいたい2-3にちおき)受診して、余病をおこしていないかを診てもらいましょう。薬だけくださいというのは、重い病気を見逃すもとですからやめましょう。元気がなくなった、何度も吐く、咳で夜ねむれないなど、いつもと違うぞとおもったら、早めに受診してください。

いつから保育所(学校)へ
熱があったら次の日も必ず休ませましょう。夜中に熱があったが、翌朝は下がっていたので行かせたは無謀です。

出典引用元:お母さんのホームケアガイド 外来小児科編より

医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.