いいずみファミリークリニック

クリニックからのお知らせ

 

クリニックからのお知らせ一覧  富士市内での麻疹(はしか)の発生について

 

 はじめに、この情報は小児科クリニックから発信することによって、富士市内の麻疹感染者の増加を抑制する目的であります。どうかご協力ご理解よろしくお願いします。

 新聞などで富士市に1歳男児の麻疹患者発生の報道があります。麻疹についての理解を深めるために情報配信します。

 麻疹(はしか)は空気感染、飛沫感染、接触感染と様々な感染経路があり、その感染力は強いです。特に、空気感染をするということは、同じ空間にいた免疫のない人に感染していくため、他感染症よりも伝播がしやすいことに留意しなければなりません。

 初期症状のカタル期(2-4日間)は感染後に潜伏期間10日―12日を経て発症します。発熱や咳鼻など普通の風邪症状と変わらず、初期には麻疹(はしか)の判断は困難です。しかしながら、この時期に感染性が強く、発症10日前にどこにいて、どんな人と接触したかの問診情報が重要になってきます。

 中期症状の発疹期(3-4日間)は発熱と発疹と咳鼻症状です。発疹は首、耳の後ろから始まり1-2日で全身に濃いまだらな発疹が広がります。口腔粘膜の炎症が強いことも特徴です。発疹や口腔粘膜病変出現によって、この時期に気づかれることも少なくありません。発熱と発疹がある場合、医療機関にまずは電話連絡して、受診方法などの確認を行ってください。不要不急の外出は控えてください。

 回復期にようやく解熱し、体力も戻ります。カタル期と発疹期合わせて約7日間ほどの発熱となります。発疹も退色し、色素沈着してから消失します。

大事なポイントをまとめます。

・流行拡大防止のための情報提供です。免疫のある方は必要以上の心配はいりません。

・麻疹に罹患したことのない人、MRワクチンを接種していない人は早期にワクチン接種をしましょう。

・風邪症状の出現する10-12日前の外出先が医療機関の問診で重要です。

・発熱と発疹がある場合、その感染性を考慮し、医療機関の受診方法を電話相談してください。

・連休がありますが発熱者の不要不急の外出はお控えください。

 

 
 

 
医療法人社団 真厚会
飯泉ファミリークリニック

〒417-0001 富士市今泉1-13-29
TEL.0545-53-1516
お問合せ
診療時間  診療時間ご案
 
午前 8:30~12:00 8:30~12:00
午後 14:30~18:30
 
Web・電話順番取り受付時間は こちら

Copyright(C) Iizumi Family Clinic All Rights Reserved.